1. TOP
  2. BGAリワーク・リボール
  3. X線検査・プリズム検査

X線検査・プリズム検査

X線検査の目的と適用

リフロー後の目視確認が出来ない製品の品質を維持するためにX線検査にて確認を行う目的があり、BGA・QFN・SON・DFN・LGA・コネクタなどの目視出来ない部品全数を、全箇所すべての確認を行っております。

X線検査 使用設備

X線TV検査装置 ソフテックス製【WORK-LEADER 90】

  • ・軟X線カメラ搭載
  • ・高解像・高濃度分析能力を実現
  • ・低倍率から高倍率までワイドなズーム機構
  • ・通常の入り口を、L版まで可能な入り口に変更

X線検査・プリズム検査対象基盤投入

X線検査・プリズム検査X線照射

X線検査・プリズム検査画像(例)

X線検査 検査基準

検査部品 検査項目 判定基準
BGA はんだショートの有無の確認 はんだボール部にショートが無いこと
BGAボールと基板パッドのズレ ズレが無いこと
BGAボールの大きさのバラつき はんだボールのバラつきが無いこと
QFN、LGA はんだショートの有無の確認 電極部にショートが無いこと
実装位置のズレ ズレが無いこと
コネクタ はんだショートの有無の確認 リード部のショートが無いこと
実装位置のズレ ズレが無いこと

不具合(不適合)事例

X線検査・プリズム検査ショート

X線検査・プリズム検査ボイドによるショート

X線検査・プリズム検査位置ズレ

X線検査・プリズム検査はんだボール欠落

プリズム検査の目的と適用

リフロー後のBGA・CSPの溶着状態の確認を行い、製品品質の保持を目的として行います。主に、X線検査では確認できない箇所の確認方法として用いられ、BGA・CSPなどの接合部がはんだボールであるものやコネクタやソケットなど顕微鏡では確認が困難な場合に使用します。
枚数に関係なく、弊社で実装した部品は全数チェックを行います。

*リワーク作業やその他実装工程に関係なく、X線検査とプリズム検査は1つの検査工程として確認工程を行っています。

プリズム検査 使用設備

マイクロ・スコープ  マイクロ・スクエア製【S-1000/MS-1000EX】

X線検査・プリズム検査X線検査・プリズム検査BGAの接合状態を真横から直接目視することにより、信頼性の高い検査・解析が可能。 モニターは、PCのほかTVにも接続可能です。

プリズム検査 限度見本

■不具合(不適合)事例

X線検査・プリズム検査未溶解

X線検査・プリズム検査位置ズレ

X線検査・プリズム検査漏れ不良

X線検査・プリズム検査クラック

X線検査・プリズム検査なじみ不足

X線検査・プリズム検査過加熱

良品見本

X線検査・プリズム検査Pbフリー

X線検査・プリズム検査共晶

担当者より

担当者よりX線検査は重要項目です!
ケイ・オールの検査は、検査課だけの工程ではありません。製造課として、リフロー後の検査は重要な工程であり、この検査によって製品の善し悪しが決まるので決して気の抜けない作業です。
様々な事例を基に培ってきた検査工程は、誰が見ても同じ判定をできる事が理想です。そのためには日々進化している新しい部品や基板に対しての知識も習得しなくてはなりません。
勉強することはとても多いのですが、お客様に喜んでもらうためにも、日々、最新の情報を取集し検査工程のアップデートに取り組んでおります。検査のみのご依頼も多数いただいておりますので、お気軽にお問い合せ下さい。

このページの先頭へ