手載せ実装

手載せ実装の概要

手載せ実装ケイ・オール独自の図面を使い正確な手載せ実装を行っております。
0402チップからQFP・CN・ROMソケットなどの手載せ実装も可能です。

手載せ実装の特長

手載せ実装手載せ実装装
  • 1枚から対応
  • メタルマスクが無くても、ディスペンサーで手載せ可能
  • リワーク機を使用し、BGAを含む様々な部品の手載せ可能
  • マウントデーターが無くても実装が可能
  • バラ部品に最適
  • フレキ基板も手載せ可能

良品を作りあげるための取り組み

手載せ実装手載せ実装
  • 作業台はもちろん、はんだ条件により、工具なども識別し、整った環境で作業を行っております。
  • ケイ・オール独自の図面を作成することにより、関係者全員が実装の詳細を一目で把握出来るシステムです。
  • 各工程において必ず実装1枚検査を実施しています。
  • 次工程引渡し前に工程内はんだ検査を実施しています。
  • 実装前に湿気に弱いデバイスや基板はマックドライにて管理しています。
  • 窒素発生装置により安定したN2によるリフロー条件で作業しております。

実績

航空宇宙関係の実績多数あります。
防衛関係も実績多数あります。

担当者より

担当者より手載せ実装もお任せください
手載せ作業は部品表のチェックから始まります。一字一句の確認、また手載せ時には現品の確認を行いながら作業を進めています。実装漏れ、極性違いなどの不良を発生させない為に実装詳細図という独自の資料を作成し、品質を保っています。このように一つ一つ丁寧に実装し完成された基板は、お客様に満足していただけると確信しております。スピードでは機械には及びませんが、決め細やかさを武器にお客様に喜ばれるよう頑張ります。

このページの先頭へ