1. TOP
  2. RoHS対応
  3. RoHSとは

RoHSとは

RoHS概要

RoHS(ローズ)とは、電子・電気機器における特定有害物質の使用制限について欧州連合(EU)による指令である。2003年2月にWEEE指令と共に公布、2006年7月に施行された。電気・電子機器に含まれる特定有害物質の使用制限に関する欧州議会及び理事会指令のことでRoHS(ローズ)指令とも呼ばれる。

RoHS指令に基づき、2006年7月1日以降は、EU加盟国内において、以下の物質が指定値を超えて含まれた電子・電気機器を上市することはできなくなった。

鉛 :1,000ppm以下
水銀 :1,000ppm以下
カドミウム :100ppm以下
六価クロム :1,000ppm以下
ポリ臭化ビフェニル (PBB) :1,000ppm以下
ポリ臭化ジフェニルエーテル (PBDE) :1,000ppm以下

1.RoHS対応製品における現状

電子機器製品におけるRoHS対応製品の製造に対しては、設計を始めとし、最終の梱包・出荷における全ての工程に対して管理する必要があり、製品の品質管理データを含むエビデンスを確実に残し、問題点発生時には即座に、顧客要求事項の証明が出来る体制を整えておかなければならない。

2.RoHS対応製品における管理項目

設計から最終の出荷までの、一貫工程のなかで何を管理すべきかを明確にすべきであり、製造活動に対して、RoHS対応製品における環境管理体制(有害物質管理)の仕組み作りが最重要となる。その仕組み中の主な検討項目として、
(1)環境管理(有害物質)の基本規程の整備
(2)設計段階における構成部品・材料の選定管理
(3)購買段階におけるサプライヤーとの契約及びデータ管理
(4)資材段階における、部品・材料の混入・汚染防止管理
(5)製造段階における、混入・汚染防止管理
(6)出荷・検査段階におけるトレーサビリテイ管理
(7)梱包段階における汚染防止管理   など

3.検討項目の概要

RoHS対応製品の製造における管理検討項目についての具体的な内容の各項目について述べてみる。

3.1 環境管理規程(有害物質管理規程 など)について
現在、ISO14001の環境マネージメント認証取得をしているメーカーなら、そのマネージメントシステム上に、取り組みの一環として有害物質管理規程の下位を作成する事が、一番の近道であると考える、具体的な、RoHS管理について明確化するだけで、大枠は環境マネージメント(ISO14001)で補える。ISO14001の認証取得されていない、メーカーでも、環境管理マネージメントの第3者認証(KES,エコステージなど)の取得することでも、大枠の仕組み作りは達成される、第3者認証を取得しない場合でも、環境マネージメントシステムに類する、有害物質管理規程や、RoHS管理規程などの規程類を独自で構築する事が、RoHS対応製品の製造をする上で、全社での体系的な運用を継続的に推進するためにも必要と考える。この規程類をベースに各工程に必要な管理を定める事が運用を円滑化できると考える。また管理規程のほかに、有害物質の含有の有無を含めた、原材料・部品の管理データベースの構築も視野に入れるべきと考える、取扱が少ないのであれば、オリジナルの帳票でも対応可能であるが、取扱品目が増える事を想定した場合と、将来RoHS以外のカテゴリーである有害物資の管理を推進するのであれば、管理用のパッケージソフトが各社からリリースされているので、それらを検討し、導入に踏み切るのもひとつの手段である。

3.2 設計業務におけるRoHS対応
設計部門におけるRoHS対応は、設計時に選定する、部品・材料において、採用時の各構成パーツ、材料を確実にRoHS対応品であるかの、洗い出しをすることが必要である。
基本は構成(採用)する各アイテムがRoHS対応できているのかが、必要かつ重要である。
設計部門として見落とす事の多いアイテムとしては、製品に貼り付ける、製品の型式ラベル、シリアルラベルなどの各種ラベルや、押印に使用するインクの組成も確認すべき重要アイテムである。その他の物としては、梱包材や製品に添付する付属物、印刷物もこれらに含まれる。
またそれらの部品・材料の情報を管理する事も、今後の設計案件対応において効率向上に繋がるため、データベース化を心がける事が重要課題となっている。
(注・本来、設計においては、プロセス並びに技術的な部分も対処すべきであるが、RoHS対応の電子機器製造はPbフリー技術の確立がなされている現在では、本章では触れない事とする。)

3.3 購買業務におけるRoHS対応
購買部門における、RoHS対応は、現在、一番の要の部門といえる。設計が事前評価し、問題のない(RoHS対応の要求事項が満たされている部品・材料)を選定しても、サプライヤー側の都合での変更などに対しての取り決めが十分なされていないケースが度々、見受けられる。購入サイドとしての契約や変更管理(仕様変更・材料変更)についての取決めを十分にすり合わせすることが、継続的な管理の維持に対して有効となる。
電子部品を供給する各メーカーにおいては業界の流れから比較的標準化された感はあるが、ケーブル並びに、エンクロージャなどの板金パーツは、コスト低減要求で海外展開が拡大する中、コントロールが難しい部品となっている部分があり、サプライヤー並びに流通経路などの管理も通常から怠る事のない様な仕組み作りが必要である。

3.4 資材業務におけるRoHS対応
資材部門におけるRoHS管理は、有害物質による汚染・混入防止にあると考える。調達部品の受入検査による、荷受検査などで、RoHS専用の生産工場であればリスクは限りなく小さくなるが、RoHS対応製品以外の生産も並行して生産しているメーカーも少なくないため、部品・材料の受入れ段階での識別管理や、作業場所のエリア分けなどの対処が必要となる。特に、受入れ検査場所が同一であるために、員数検査・抜き取り検査時に汚染させる場合があるため。不適合品の処置と同様な、識別と、エリア管理が重要な管理項目となる。

RoHSとは受入れ配膳用ケース
(配膳用ケースの例)
ケースにRoHSシールを貼り識別の管理
*汚染・混入を防止

RoHSとは棚・部品区分
(棚・部品区分)
RoHS部品の識別管理例

RoHSとはRoHS対応シール
(RoHS対応シールの例)
工具・輸送箱などに貼り、識別管理を実施、顧客支給部材(箱)にも利用
*シール並びに印字インク材もRoHS対応品

3.5 製造部門におけるRoHS対応
製造部門におけるRoHS管理は、他部門同様に有害物資による汚染・混入防止にあります。製造という加工作業において、装置・工具・副資材・作業環境の管理が必要であり、直接製品に触れ加工する場面が多岐に渡るため、詳細に管理が必要となる。

3.5-1 装置管理
装置管理としては、電子機器の加工・組立てに関する設備全般に渡るが、電子機器組立においては、部品実装に関する設備機器がその主たるものである。汚染・混入で一番懸念されるのが、はんだ材を扱う工程である。

■はんだ印刷機
Pbフリー専用ライン(RoHS)であれば、汚染・混入の心配は低減されるが共存(共晶とPbフリー)する、ラインでは、第一番目の管理には、はんだスキージー(はんだペーストを基板に転写する)があげられる、共存するラインにおいては、完全に専用品を準備の上、識別管理し保管場所も別にする事を推奨したい。第二番目には、メタルマスクがあげられる、クリーニングをして使用するが、これも完全に、専用品と識別管理(保管場所含む)をする。その他としては、基板に直接触れる、バックアップピン含めた搬送系の部分の管理がある。

■フローはんだ付け装置
Pbフリー専用ライン(RoHS)であれば、汚染・混入の心配は低減されるが共存(共晶とPbフリー)する、ラインでは、第一番目の管理には、はんだスキージー(はんだペーストを基板に転写する)があげられる、共存するラインにおいては、完全に専用品を準備の上、識別管理し保管場所も別にする事を推奨したい。第二番目には、メタルマスクがあげられる、クリーニングをして使用するが、これも完全に、専用品と識別管理(保管場所含む)をする。その他としては、基板に直接触れる、バックアップピン含めた搬送系の部分の管理がある。

3.5-2 工具管理
RoHSとは工具は、プリント板組立て他、筐体組立てなどに使用する、直接製品に触れる工具全般を管理する、ここで重要な管理ポイントは、工具そのものに、有害物質を含有していない事である。購入に際しての事前調査並びに、RoHS対応工具として、一覧表を作成して社内管理し、RoHS対象の有害物質を含有していない工具環境を整えることが重要である。また、ここでも汚染防止対策として、工具の識別管理を実施する。また、忘れがちな管理として製品を保管する、基板ラックや半製品状態での保管時の汚染防止として、エリア区分や製品識別のための工夫も必要となる。(工具の識別管理)RoHS対応工具全てにシール貼付をして識別管理する。製品識別と静電対策を兼ねた半製品保管(半製品管理の例)

3.5-3 副資材管理
副資材としては、プリント基板組立てに必要な、マスキングテープを始めとした洗浄用の液剤などがあり、これも導入(購入)時には、工具同様、RoHS対象の有害物質を含有していないものを評価して使用する。またこられもRoHS適合製品としての一覧表を作成して社内管理することを推奨する。

3.5-4 作業環境管理
作業環境としては、RoHS専用ライン、RoHS工場であれば大きな問題はないが、それ以外においては、作業台・作業場所を識別管理しても、管理限度があり、そのエリアを行き来する、物・人に付随して汚染・混入が発生する、リスクがあり、一番の問題は作業員の靴に付着した有害物質のフロア持込があげられる。特に作業台などを識別しても、人によりフロアに持ち込まれた、はんだ粒子など、(はんだ印刷工程や、はんだ槽や、はんだ付け作業エリア)による、汚染拡大はリスクとして考慮する必要がある、ここでの管理は、清掃の徹底があげられる。共有ライン(共晶・Pbフリー(RoHS)製品を同じフロア内で生産)であれば、棚、作業台全てのエリアに共通して清掃の強化は必要である。

3.6 出荷・検査工程のRoHS管理
最終の検査工程では、出荷承認に向けた、最終の関門となり、入口(受入れ)~出口(出荷)までの管理レベルのチェックが中心となる、社内で定めた各種の有害物質の管理規程に準じた物造りにたいしての、エビデンスを確認する事に尽きる。顧客要求に応じ、不使用証明書の発行なども要求されるため、各種のデータ管理、並びに検証の記録管理が重要となる。

3.7 梱包工程のRoHS管理
RoHSとはRoHSとは梱包における管理については、管理されていない部分が多々あることが見受けられる、製品保護の観点から輸送時の破損防止、静電対策の導電性・帯電防止などの処置に主眼があるため、有害物質管理を忘れやすい。直接製品に触れる緩衝材や、個装箱や輸送箱、製品名称のラベル、印字インクに至るまで、管理アイテム数も少なくない状態である。顧客との取り決めで専用輸送箱を運用する事も識別管理となる

このページの先頭へ