マウンター含め全工程1枚から対応する基板実装

株式会社ケイ・オール

東京工場
042-370-3550
関西工場
072-802-3331
中部工場
058-322-4242
基板実装・改造業務

基板実装・改造業務

手付けでも手載せでもマウンターでも全て1枚から対応可能!

業務の概要
BUSINESS OVERVIEW

業務の概要

最適な実装方法で対応

はんだコテを使って実装する手付けから、手作業で部品を搭載してリフローを行う手載せリフロー、機械で部品を搭載するマウンターまで全て自社内で対応可能です。
ご依頼の基板のボリューム・枚数・ご予算・納期・部品の梱包状態(バラ・カット・スティック・リールなど)に応じて最適な実装方法で対応させていただきます。
その他・回路設計・プリント基板パターン設計・基板製作・改造も対応可能です。

基板実装とは

基板実装とは、プリント基板(プリント配線板)に電子部品をはんだにて接合し、電気的につなげ、電子回路を作成することを表します。
部品は大きくプリント基板表面のPADにはんだ付けを行うSMT(表面実装部品)とプリント基板のスルーホールに挿入してはんだ付けを行うDIP(挿入部品)に分けられます。
ケイ・オールでは30年の実績により各種ノウハウを持っております。培ったノウハウ、実績で、どの実装メーカー様にも技術力では負けない自信がございます。
今でも技術の研鑽を進め、今では極小チップの0.2mm×0.1mmサイズのチップまではんだコテで手付け実装できるまでになりました。
熟練の作業者が培った技術力であらゆるニーズにお応えし、お客様をサポートさせて頂きます。

業務の沿革
BUSINESS HISTORY

業務の沿革

顧客満足を目指して

弊社は1990年に4名で創業いたしました。
創業当時は何の設備もなく、各々がはんだコテ1本で改修案件や手付け実装を主要業務としておりました。その後、有難いことにたくさんのお仕事を頂けるようになり、受注キャパシティ拡大のため、設備を導入し、以来、数々のお客様と共に技術の研究を重ね、現在は基板設計からのワンストップサービスやマウンター実装・手載せ実装、当初からの業務である手付け実装、改修案件等幅広く対応しております。

また基板納入後、アフターフォロー・アフターサービスとしてリワークや高難易度の改修等もお手伝いさせていただいております。

試作実装
ABOUT EXPERIMENT

試作実装

何か製品の製作を検討した際、いきなり大量生産を行うのは、大きなリスクが伴うものと思います。
試作実装とは、量産前の段階で少量~中量の生産を行い、電気的な整合性や機能の確認等を行い、 時には仕様変更を行いながら、より安全に量産へ移行する際の「前準備」と言えると思います。
ケイ・オールの試作実装では、ただ実装を行うだけでなく、試作時に見つかった問題点や改善点を適宜お客様へフィードバックし、より良い製品作りのためにお客様と共有をいたします。

試作実装について詳しく見る

業務一覧
BUSINESS LIST

吹き出しアイコン

COMMENT

担当者 担当者吹き出し

基板実装なら
お任せください!

基板実装の試作においては、マシン打ちまでに全ての部品が揃わない場合が多々あります。
ケイ・オールではBGA・LGAの部品も後付けができますので、通常ではこれらの部品が揃うまで、実装のスタートができない場合でも先に作業を進めることができ納期短縮が可能です。
状況に応じた多様且つ柔軟な対応ができることがケイ・オールの強みです。

3拠点から全国どこでも
短納期で対応します

お電話でのお問い合わせ

  • 東京工場042-370-3550
  • 関西工場072-802-3331
  • 中部設計058-322-4242
受付時間:
午前9時~午後5時
土日・祝日も営業(年末年始を除きます)